にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ

智弁学園は朝鮮信者

智弁学園高校がフェリーで韓国に修学旅行 在校生から批判噴出 。



しかし、「韓国でなければ修学旅行自体をやめる」と強行・・











 智弁学園がこんなに腐った学校だとは思いませんでした。




 在日の教師が多数いる高校です。入学するのはやめた方がいい。



にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





スポンサーサイト
2014-12-23 00:00 : 日教組 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






「慰安婦ツアー」再び

 また慰安婦ツアーを企画しています・・





「慰安婦ツアー」また違法募集 部落史研究会に観光庁が指導
産経新聞 9月14日(日)7時55分配信




慰安婦ツアー




 部落史を研究する大学教授らで構成する「全国部落史研究会」(大阪)が旅行業法に基づく登録を受けず、インターネットで韓国内の慰安婦関連施設などを見学するツアーを募集していたことが13日、分かった。旅行業法では旅行の募集や代金徴収は登録を受けた旅行業者しか行えないと規定しており、観光庁は研究会に改善を指導した。

 ツアーは研究会主催の「韓国人権歴史スタディツアー」。募集案内は8月に部落解放同盟と関係が深い部落解放・人権研究所(大阪市港区)のホームページ(HP)に掲載された。

 10月12日から2泊3日の日程で、「韓国と日本における被差別民衆の身分的位置」をテーマにしたシンポジウムに出席するほか、ソウルの在韓日本大使館前に建てられた慰安婦像を含む歴史施設をめぐる内容。現地集合・解散で代金は研究会会員4万7千円、非会員5万2千円。研究会事務局が申込先となっていた。

 しかし、旅行業法施行要領では「旅行業者以外の者が申し込みを受け付け、旅行代金を収受する行為は無登録営業となる」と明記しており、観光庁は「無登録営業の疑いがある」として8月19日に研究会に改善を指導。研究会はHPから募集案内を削除した。旅行は、予定通り実施するという。

 研究会は「法律に反しているとは思っていなかった。指導に沿って対応した」としている。

 また、研究会からツアーの手配を受けた海鴎(かいおう)トラベル(大阪市中央区)が、海外の募集型企画旅行を取り扱えない第3種旅行業の登録だったことも判明。監督官庁の大阪府から指導を受けた同社は「研究会でツアーを募集するとは思わず、対外的なものとは認識していなかった」としている。

 7月にも大分県教職員組合が同様に慰安婦問題の関連施設を見学する韓国旅行を新聞広告で違法に募集していたことが発覚、観光庁から指導を受けている。





 こういうツアーは在日朝鮮人だけでやってもらって、そのまま日本に帰ってこないでください。
 



にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-09-20 00:00 : 日教組 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






大分県教組の反日旅行

 大分県教職員組合は日教組に洗脳された反日組合です。


 
 とんでもないツアーを企画したのです・・







大分県教組「慰安婦ツアー」 助成金出し格安「反日」
産経新聞 7月22日(火)7時55分配信


大分





 ■親子で2泊2万5000円/「交流目的」…歴史館など見学

 大分県教職員組合(県教組、大分市)が法に反し、韓国の「慰安婦」関連施設などを見学する旅行を募集していたことが明らかになった。その“反日教育ツアー”は、県教組が助成金を出し、親子2人が2泊で2万5千円という破格の旅行代金が売りだった。

 「親子1組(2人)2万5千円で30組を募集!」

 地元紙の大分合同新聞に掲載された2泊3日の「親子で学ぶ韓国平和の旅」の募集広告には、旅行代金が太字で強調されていた。一般の格安ツアーをはるかに下回る料金設定。これは「金額は明かせないが、うちが助成金を出しているため」(県教組担当者)だ。

 県教組によると、「韓国平和の旅」は県教組独自の平和事業の一環で、今回が12回目だという。新聞広告で申し込みを受け付け、代金徴収も行うようになったのは2年前からだといい、今回を含めて少なくとも3回は違法行為を重ねていたことになる。

 かつて旅行団長を務めたこともある県教組の岡部勝也書記長は「韓国の中学生との交流がメーンで、それもスポーツや芸能の話題が多い」と話すが、広告に書かれた通り、「日本軍『慰安婦』歴史館」や、反日運動家らの監獄として使用された「西大門刑務所跡」なども訪問する。そこでは、現地ガイドから、韓国側の主張に沿った一方的な説明を受けるのだという。

 日本軍「慰安婦」歴史館には、平成5年の河野洋平官房長官談話発表を「慰安婦『強制』認め謝罪」と報じた朝日新聞のコピーなど多くの慰安婦関連資料が展示されている。

 だが強制連行説の最大の論拠だった河野談話については、6月に公表された政府の談話作成過程検討チームの報告書で、元慰安婦への聞き取り調査終了前に談話の原案を作成したことや、裏付け調査を実施しなかったことなどが指摘され、「強制連行を直接示す資料はない」との政府見解が再確認されたばかりだ。

 今回は広告を出した後、初めて10件以上、抗議電話があったという。

 岡部書記長は「反日や自虐史観を植え付ける旅行ではなく、日本の加害行為に向き合い、平和を模索する目的だ」と強調。「修学旅行として行くなら控えるが、希望する親と子が行く旅行なので問題ないと考える」と話す。

 だが明星大の高橋史朗教授(教育学)は「慰安婦問題は国内的には決着がついた議論」とした上で「歴史教育については、義務教育の段階では自国の立場を教えるのが基本だが、旅行は極めて反日的で、韓国側の立場を学ばせるもので教育上不適切だ」と批判する。

 県内の元小学校長(61)は「県教組はこれまでに何度も不祥事を起こしており、自浄能力がなさすぎる」と指摘した。





 「韓国平和の旅」ではなく「韓国捏造の旅」なのだが、12回も行っていることに驚き。




 「安いから~」と貧乏で頭の悪い日本人を韓国脳にしようという恐ろしい反日旅行だ。


 


 これについて田母神俊雄氏がツイッターでつぶやいている・・





 田母神俊雄氏、「慰安婦ツアー」の大分県教組に「韓国に移住したらどうか」とTwitterで提言




田母神




21日、軍事評論家の田母神俊雄氏が、大分県教職員組合(県教組)について、「韓国に移住したらどうか」と、Twitter上で批判を展開した。



産経新聞は同日の朝刊で、大分県教組が旅行業法に基づく登録を受けず、新聞広告で「慰安婦」問題の関連施設を見学する「慰安婦ツアー」の参加者を募集していたことを報じている。同紙によれば、このツアーの見学先には、日本軍「慰安婦」歴史館が含まれていることから、旅行内容にも疑問の声が出ているのだという。

田母神氏は21日、自身のTwitterアカウントで、「大分県教祖(原文ママ)は違法募集は認めながら、旅行内容については問題ないと考えると言っているそうです」とこの産経新聞の記事を取り上げた。そのうえで、「彼らが何故それほど日本を貶めたいのか理解できません」と、大分県教組の反日的な活動を批判。さらに「韓国に移住したらどうか」と、大胆な提言を行った。







 朝鮮系の舛添要一なんかより田母神氏に都知事になってもらいたかった。







 大分県教組の反日活動はまだまだ続く。




 



にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-08-01 00:00 : 日教組 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






韓国への修学旅行

 高校生活の楽しみの一つ、修学旅行の行先が「韓国」ってかわいそうだと思う。



 そんな韓国へ修学旅行にという学校が減ってきてきる。




 ゼロでないのが不思議なのだが。
 



 
 以下、産経デジタルの記事より・・
 




韓国への修学旅行中止・変更検討広がる 反日姿勢、沈没事故…保護者に不安





lif14060709400003-p1.jpg





 韓国の旅客船セウォル号沈没事故を受け、全国の高校で韓国への修学旅行を取りやめる動きが広がっている。近年、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)が注目され、慰安婦など歴史問題を執拗に持ち出す反日的な韓国の姿勢も影響し、訪問先に選ぶ高校が減少。そこに交通機関のずさんな安全対策が露呈した沈没事故が追い打ちをかけ、保護者の不安が増大した形だ。専門家からは「リスクが大きいなら安全安心を優先すべきだ」という声も上がる。

■アンケートで不安続出

 今年秋の韓国への修学旅行を計画した大阪府立柴島(くにじま)高校(大阪市東淀川区)は、先月に実施した保護者アンケートの結果を踏まえ、行き先を国内に変更する方向で検討している。

 「アンケートで不安の声が多かった。生徒たちの安全と保護者の安心が確保できなければ決行できない」と山崎為伯(ためのり)校長は話す。セウォル号沈没事故や相次ぐ地下鉄事故を受け、現地交通機関に対する不安の声は少なくない。

 同じく今秋の韓国行きを計画した府立東淀川高校(同市淀川区)でも保護者から不安の声が寄せられたため変更も含め検討。今月中旬に保護者の意見を集約する方針だ。

 大阪府教委によると、昨年韓国へ行った府立高校は6校。うち4校が今年は別の行き先を選んだ。

 中止の動きは広がっている。平成元年からほぼ毎年、韓国へ行っていた滋賀県立国際情報高校(栗東市)は今年、「選択肢を多方面に広げる」とマレーシアに変更。複数の目的地から好きな場所を選べる選択制を採用してきた和歌山県立那賀高校(岩出市)でも韓国行きを希望する生徒が激減し、中止した。

 秋田県立能代松陽高校(能代市)では、保護者に参加承諾書への記入を求めたところ、9割以上が韓国なら承諾しないと回答。行き先を国内に変更した。

■反日教育の国に…

 保護者の不安は、現地交通機関の安全対策の不備だけではない。

 13年前からほぼ毎年、韓国への修学旅行を続けてきた大阪府立松原高校(松原市)に子供を通わせる保護者の一人は「韓国は反日教育が徹底されている。あまり歓迎してくれないのではないかという不安がある」と打ち明ける。

 韓国の李明博(イ・ミョンバク)前大統領が平成24年夏、竹島に不法上陸。天皇陛下に対し朝鮮半島の日本統治時代の独立運動家への謝罪を要求し、挑発を繰り返したことで日韓関係は一気に冷え込んだ。関係悪化を示すように、韓国へ修学旅行に行く高校は減少の一途をたどった。

 文部科学省によると、韓国を選んだ高校は12年度に241校(3万7663人)に上ったが、23年度には167校(2万833人)にまで減少した。

 「安くてお手軽ということで人気だった韓国も、対日感情の悪化で子供を行かせることに不安を覚える保護者が多いのでは」と旅行大手の近畿日本ツーリストの担当者。今年、韓国から国内に変更した大阪府内の高校の校長は「旅費はかさむが、将来的には親日的な台湾や東南アジアに行きたい」と話した。

■白バイ先導で「安全」

 一方、セウォル号沈没事故直後の4月下旬に韓国への修学旅行を実施した高校も。40年間、韓国への修学旅行を続けている智弁学園高校(奈良県五條市)だ。

 同校は「主要なところは韓国警察の白バイが先導した。安全面で問題ないと判断したので行った」としている。前理事長が2009年、韓国のメディアに「植民地時代35年間の日本の蛮行を知ることになった。その後、修学旅行は贖罪(しょくざい)の旅行になった」と発言したことで話題になったが、同校は「贖罪ということはなく国際交流で韓国に行っている」と説明する。

 領土問題などに取り組む自民党の片山さつき参院議員は「安全性について親御さんが疑問を持っている時期に行かせるのはいかがなものか。さらに反日教育をしている国は修学旅行にふさわしくない」と話す。
 
 7~8年前から韓国に行っている大阪府立桃谷高校(大阪市生野区、定時制)では、元慰安婦の韓国人女性が共同生活するソウル近郊の施設「ナヌムの家」を訪問。生徒が元慰安婦の話を聞く日程を組んでいる。こうした高校は少数派だが、慰安婦問題などを韓国訪問前に事前学習する高校もあるという。

 片山議員は「修学旅行で売春の問題を教えるべきなのか。少なくとも優先的に学習すべきことではない」と指摘している。

 福田充・日大法学部教授(危機管理論)の話「韓国へ修学旅行に行く高校が多いのは、経済的に手頃で、アジアの中で治安がいいという安心感があったからだろう。だが、ビルの崩壊事故やセウォル号の沈没事故、地下鉄の事故もあり、安全を管理する法制度が追いついておらず、政府や自治体の危機管理態勢が構築されていない現実が浮かびあがった。竹島や歴史認識の問題もあり、韓国人の日本人に対する印象が悪くなっているとの不安感も増加している。修学旅行は教育的効果よりもまず、安全安心を優先すべきだ。保護者が不安なところに行かせたくないというのは当たり前。高校側の論理だけで修学旅行の行き先を決めることは良くない」






 反日の韓国で学ぶことなどないだろう。




 食事だって、犬のエサレベルだし。




 日本は悪いと根拠もなく被害者のふりをする韓国。





 韓国修学旅行で「日本が悪かった」と自称元慰安婦と言っている婆さんのウソ話を聞かされ、生徒が土下座で謝罪させられたという話もある・・





日教組の反日教育






 智弁学園のように、韓国へ行くのがわかっている高校に入学なんてしない方がいい。




 韓国に行く高校なんて、日教組の左翼思想に洗脳された教師か在日の教師しかいないのだから入学するところから辞めるべきだ。
  



 







にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-07-23 00:00 : 日教組 : コメント : 0 : トラックバック : 2 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






はだしのゲンの真実

 中沢啓治による、自身の原爆の被爆体験を元にした自伝的漫画「はだしのゲン」

 実はとんでもないプロパカンダ漫画なのです。


 表向きには「原爆の悲惨さ」を伝える漫画です。


 世間では「残虐さ」や「差別発言」が問題にされていますが、もっと恐ろしい思想が出てくるのです。


 いくつか具体例をあげて紹介してみたいと思います。



 戦時中の日本が舞台の中岡家の近くに朴さんという朝鮮人が住んでいるのですが、


        「日本人に差別される悲劇の朝鮮人」


とされています。そして、そこに恐ろしい思想が出てきます。


朴


 この漫画では、朴さんは日本の兵隊にむりやりつれてこられたそうです。この漫画を読んで


  「日本軍が朝鮮人を強制連行しまくっていた」


と思わないですか?


 当時、朝鮮は日本領で朝鮮人も日本国民です。国民徴用令は日本人にもありました。朝鮮人だけが過酷な労働をしていたわけではありません。


 強制労働でつれてこられたという朴さんは普通に生活しているという矛盾もあります。


 また、 「北海道の雪の寒さの中で飢えと寒さで死ぬまでこき使われる」というのは完全な大ウソで、ソ連(現ロシア)軍が行った「シベリア抑留」という奴隷的強制労働を日本軍が朝鮮人に対してやったかのようにすりかえているから悪質なのです。

 
 朴慶植(パク・キョンシク)という人が『朝鮮人強制連行の記録』などを発表して捏造しまくり、反日宣伝しているので誤解している人も多数いると思われます。




 次に、主人公の中岡元が日本軍の「三光作戦」という残虐行為を聞いたというのですが、どこできいたのやら・・



捏造日本軍



 日本軍はそのような残虐行為はしません。


 このような酷い仕打ちは中国軍の伝統的な略奪・暴行です。


 それを日本軍が大勢でやっていたと擦りかえるというとんでもない悪質漫画です。


 ちなみに「南京大虐殺」と中国が主張していることもまったくのデマです。



 
 最後に卒業式での場面です・・



君が代批判


 こともあろうが、天皇を戦争の犯罪者とし「君が代」をうたわない という暴挙です。


 もうコメントのしようがありません。



 これらの具体例から、左傾化の思想に誘導していることがわかるでしょう。





 他にもいろいろあるのですが、どうやら「日教組」という反日教育組合があるのですが、この漫画にかなり影響力があったという噂もきいています。


 自分も小学生のころ、この漫画を読んで「日本は朝鮮人に対して酷いことをしていたんだ」とずっと思っていましたが、今になってようやく騙されていたのだと目が覚めました。


 各地の図書館で「はだしのゲン」を読めなくしているようですが、賛成です。




 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ





にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-03-25 00:00 : 日教組 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






反日集団「日教祖」

 
 反日教育をしている組織がある。それが、


    

  日教組(にっきょうそ)



という組織である。朝鮮クオリティを日本人に植え付ける集団なのだ。


 
 
 たとえば、広島県立世羅高校は修学旅行で韓国へ行き、日教組の反日教員によって、独立運動記念公園で生徒に「日帝侵略と植民地蛮行を謝罪する文章」を朗読させ、さらに居並ぶ韓国人に向かって膝をつかせて謝罪させたのだという。生徒からすれば、まったく謝罪する必要のないことを教育の力でさせたのだ。


 また、世羅高校の校長は連日連夜、国旗掲揚・国歌斉唱の中止を求める日教組や部落解放同盟などとの交渉に追われ、心労から自殺してしまうことにもなっている。そこまで追い詰める日教組はヤクザと同じである。



日教組の反日教育



 写真は、広島県立世羅高校が実施した韓国での修学旅行での光景。



 「韓国が好き」とアホみたいな顔で言っている日本人は日教組の教育によって洗脳されているのだが、そのことを理解している日本人は残念ながら少ない。










にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2013-08-15 12:00 : 日教組 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






ホーム

記事一覧






投票ごっちゃんです☆












カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめ本





















日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


















カウンター

プロフィール

巨漢太郎

Author:巨漢太郎
歴史捏造、大嘘つきの韓国が世界一嫌いな巨漢男です。
自分はかつて相撲一筋で稽古していまして、まともに勉強していなかったこともあり、完全にメディアやマスコミに騙され「韓国が好き」などとお花畑頭になっていました。韓流音楽やドラマもみたりしていました。日本は戦時中、朝鮮に対して悪いことをしたのだから謝罪しないといけないと思っていました。
しかし、きちんと勉強してみたら、韓国という国がとんでもない大嘘国家だと知ってしまい、後悔し反省しまくりでした。そんなかつての自分のように韓国が好きって言っているお花畑頭の日本人が一人でもいなくなるよう、ブログを書いています。その小さな一歩が除鮮につながると信じております。何かありましたら、コメントを入れてもらえたら幸いです。リンク、トラックバック大歓迎です。