にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ

沈黙の7時間

 セウォル号が沈没したときのパク大統領が7時間何をやっていたのか・・





韓国大統領府が“7時間”疑惑に回答・・韓国ネットは「国民は馬鹿だと?」「どこで何してたか説明してほしいのに…」
XINHUA.JP 10月28日(火)21時9分配信

韓国の各メディアによると、韓国の青瓦台(大統領府)は28日、旅客船セウォル号が沈没した4月16日の午前10時に国家安保室から最初の報告を受けてから、中央災害安全対策本部を訪れた午後5時過ぎの7時間余りの間に、朴槿惠大統領が7回にわたり口頭または電話で指示を出していたことを明らかにした。


報道によると、与党セヌリ党のキム・ジェウォン議員に資料を提出する形で朴大統領の当日の動静が公開された。

事故当日のこの“7時間”については、国会で朴大統領の動静を質問されたキム・ギチュン大統領府秘書室長が「分からない」などと答えたことなどから、野党や韓国メディアが疑惑を指摘していた。さらに、この問題を扱った朝鮮日報のコラムを引用した産経新聞の前ソウル支局長が名誉棄損で起訴される事態にも発展している。韓国の各メディアはこの日の、動静公開を「野党などに反論するため」と分析している。

報道から明らかになった動静は以下のようなものだ。

10:00 国家安保室から最初の事故報告を受ける
10:15 安保室長に電話で「1人の人名被害も出さないよう」などと指示
10:22 安保室長に電話で「しらみつぶしに調べ、徹底的に救助を」と指示
10:30 海洋警察庁長に電話で「特攻隊を投入してでも人命救助に最善を」と指示
13:07 秘書室から「370人救助」と報告を受ける
13:13 安保室からも同様の報告
14:11 安保室長に電話し、救助進捗状況を確認
14:50 安保室から救助人数が間違っていたと報告を受ける
14:57 安保室長に電話し、情報の錯綜に付いて問いただす
15:00 対策本部を訪問するための準備を指示
17:15 対策本部に到着


資料を公開したキム議員は、韓国メディアに対し「大統領は30分単位で報告を受け、1時間に1回以上指示を出した。『7時間疑惑』は根拠のない悪意の虚偽で、誹謗を中止すべきだ」などと訴えたという。

だが、韓国ネットユーザーからは事故から半年後にようやく公開された大統領の動静に疑問の声が殺到している。主な意見を紹介しよう。

「今日聞いた話の中で一番笑ったwwww」

「本当コメディレベル…全国民を馬鹿扱いするとは」

「7プン(足りない者)が…7時間で…7回指示…なんかピッタリだwww」

「国民300人が命の危機にあっても電話指示だけ…これが韓国の大統領とは…今になって自慢げにマスコミプレーする無様な姿」

「立派じゃないか…7時間に7回も…わあ、この偉大なる精力は世界第一級。崇拝する奴らの気持ちが分かるわ」

「キム・ギチュンは以前、大統領の電話が不通により所在確認できず、と説明してたろ。国民は馬鹿だと?」

「指示の有無ではなく7時間もどこで何してたか説明しろというのに、7時間に7回指示したとだけ言うのな」

「そこまで細かい報告を受けて指示したなら、状況を詳しく把握してたはずなのに。大統領が災害対策本部に現れ『救命チョッキを着ていると聞いたのに、発見にそこまで時間がかかるの?』と尋ねたんでしょ?虚偽の報告を受けた訳?」

「それをそのまま信じる無知な国民だと?」

「筋書作りに必死だな、必死wwwwwキム・ギチュンは『よくわからない』などと二転三転してるし。産経はチョン・ユンフェ(元秘書室長)と一緒にいたと言うしwwwww」

「朝鮮日報がパク・クネの7時間行方不明とコラムを掲載…産経新聞はそのコラムを引用して記事に…青瓦台は産経新聞を名誉棄損で告発。で、朝鮮日報にはお咎め無し。一体どういうことだ?」

「大統領に恥をかかせるために記事を書いたとされる産経新聞は、朝鮮日報の最初の報道を単に引用したわけです。前後関係を踏まえて騒ぐように。大統領に恥かかせたのは朝鮮日報なのに」





 まともな事実を話せない、エセ民主主義




 産経新聞ソウル支局長であった加藤達也氏をはやく日本に出国させろよ!


 



にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





スポンサーサイト
2014-10-31 00:00 : セウォル号 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






檀園高等学校

 韓国沈没船事故セウォル号で修学旅行中だった檀園高等学校の校歌、合唱(合掌)。






 朝もやけむる京畿道

 安山の杜にそびえ立つ

 祖国の誇り胸に抱き

 反日嫌日抗日を

 いつか独島で果たさんと

 永久の誓いを高らかに

 我が学舎で宣言す

 嗚呼檀園高等学校に

 栄えあれ






 檀園高校は対馬仏像盗難の浮石寺から数十キロの距離にある。
 
 
 国連にも日本糾弾の手紙を出す など韓国国内の反日行動の代表格として報道されるほどの超有名校。


 独島は我が国の領土のパフォーマンスをしたり、日本糾弾大会も開催していた。

 
 修学旅行の行き先は済州島の抗日記念館で日本に対し謝罪と賠償を求める予定だった。

 

 保護者アンケートで7万ウォンの飛行機代をケチって、費用の安い3万ウォンの船を選択。



 こんな反日高校に同情できるわけがない。 





にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-05-18 17:38 : セウォル号 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






韓国沈没船事故セウォル号不祥事のまとめ

韓国沈没船事故セウォル号不祥事のまとめ


 ありすぎて、箇条書き! (これでも全部書ききれず・・)


・日本の中古船を改造したもの。(日本のせいにしようとしきりに日本製だと韓国は報道)
・安全オーバーの過積量。(霧で遅れた分、さらに荷物を積んだとか)
・入社4ヶ月の女性運転手のありえない急旋回の運転。(初心者マークにさせる?)
・「その場を動くな!」という悪魔のささやきのような船内放送。(適切な避難指示があれば、助かる命が多数あった)
・乗客を最優先に守る船長が非常口から一般人のフリをして真っ先に逃げ出す。(責任感のなさ)
・逃げ出した船長は一般人のフリをし、病院のベッドで濡れたお金を乾かしていたという目撃証言。
・船員たちも客を見捨て逃げ出す。
・クレーン船の手配が、費用でもめ、12時間も遅れる。(手遅れですが・・)
・そして、クレーン船が到着しても、何もできず。
・コンテナを固定するワイヤーが鉄製のはずがロープ。
・看板に設置されていた救命いかだのほぼ全てが使用不可能だった。
・設備のメンテナンスをしてなかった完全な人災。
・「ダイバーが船内に入った」とまだ入ってないのにウソの報道。
・空気注入は事故から30時間後。(遅すぎる!)
・沈没した船内に空気注入しようとするも、使ったホースの直径はわずか1.9センチ。(空気送りこめず)
・助けようとしたダイバー3人が溺れる。(どんな訓練してたんだ?)
・ダイバーの命綱が切れる。
・まともな乗員数、不明者数が把握できない。
・乗船名簿にない船員が50人以上乗っていた可能性がある。
・救助者が一時368人いると大誤報を流し、その後、164人に修正される。
・人命救助のためのヘリコプターが全羅南道の幹部を乗せるために立ち寄り、現場への到着が遅れる。
・船内から「助けて!」と送られたメールは、すべてイタズラだった。
・遺族に対し、ウソの葬儀案内をする詐欺師が登場。
・民間潜水業者を名乗るものが「1億ウォン出せば子供たちを助ける」という詐欺師も登場。
・身元が確認された遺体が、遺族に違うと否定される。
・日本政府が支援をしようとしたが、韓国政府は辞退。(反日国家のプライド)
・修学旅行が日本帝国時代のなごりだと避難。(日本のせいにしようと頑張る)
・裏付けもないのに「檀園高校の生徒を全員救助」というメールを一斉に送付。
・救助された教頭が、自分だけ助かったと自殺。
・政府の対策があまりに無能で、非難される朴大統領。
・政府高官が現場で不謹慎な記念撮影。(人の心がないのか?)
・安全対策本部の責任者である首相がまだ事故は収束してないのに引責辞任。
・朴大統領が合同焼香所に慰安訪問し、泣く女性の涙をハンカチで拭く感動シーンがあったが、その女性は遺族ではなかった
・タレントのエイミーはSNSに弔問に訪れた事実として、焼香所の入り口の写真も添付。(何をしに?)
・海に潜ってないダイバーに真水をかけ、さも困難な救助活動をしたかのような演出を撮影。
・旅客船の事故に関する記述を含むスパムメールでウイルス拡散。




 きちんとした救助があれば助かったと思われる300名以上の亡くなられた方は韓国で産まれたことを悔やむしかないでしょう。





追記 次のページにもっと詳しくまとめてありますでご参考に。
 

【韓国船沈没まとめ】最新版が も の す ご い 量 に!!!【完全保存版】






にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-05-17 00:35 : セウォル号 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






韓国船沈没を日本のせいに?

 韓国の得意技「責任転嫁」炸裂です!


 ちなみに連続技で、




  「嘘」⇒「言い訳」⇒「責任転嫁」⇒「逆ギレ」



という立ち合いからの流れです(笑)



 韓国の人災事故を、日本のせいにしようとするというあきれたもの。

 
 



韓国旅客船沈没事故、有識者「日本製は致命的な事故につながる」の見解=中国メディア
2014-04-24 16:45

 中国メディアのBWCHINESEは23日、中国認知語言学会副会長で北京外国語大学・外語教学研究編集委員の石毓智氏が、韓国の珍島(チンド)沖で沈没した旅客船「セウォル号」が日本で建造された船舶であったことについて、「事故発生時において、日本が製造した“乗り物”は往々にして致命的な損害をもたらす」などと主張していることを、同氏のブログを引用して伝えた。

 記事によれば、筆者は日本製の特徴として「軽く精巧で、使いやすいため人気が高い」とする一方、「そのつくりは、軽くて薄く弱々しいため、往々にして致命的な事故につながる」などと主張した。

 さらに筆者が、他の媒体から入手した情報としたうえで、「セウォル号は重心が高く安定性に欠け、沈みやすいという設計上の欠陥があった」と論じ、日本の建造側に非があるかのような主張を展開したこともあわせて紹介した。

 筆者の主張通り、確かにセウォル号は1994年に日本で建造された船舶だが、新華社は22日、セウォル号の沈没事故には「増築によるリスク」や「乗員の訓練不足」など、安全上のリスクが複数存在する可能性があると報じた。

 新華社は同記事で、韓国の船舶設計に関する専門家が「韓国側がセウォル号を日本から中古船として導入後、客室を後から増築したことで重心が偏るという安全上のリスクを拡大させた」と分析したことを紹介。

 さらに、同専門家は「船舶の寿命は一般的に20年前後。1994年6月に日本の造船所で建造されたセウォル号は、日本で18年運航したのち、2012年に韓国側に導入された。改造して使用され続け、使用上の寿命を強制的に伸ばしていた可能性がある」と、セウォル号の運航・管理面における問題点を指摘した。

 韓国側が増築していた事実に触れていない「日本製品のつくりが薄くて軽く弱々しいため、致命的な事故につながる」という筆者の主張は、あまりに乱暴な理論ではないだろうか。(編集担当:村山健二)





 工学部の教授が意見するならまだしも、外語教学研究編集委員のくせに、根拠のない主張すんな!!






にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-05-13 00:00 : セウォル号 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






ホーム

記事一覧






投票ごっちゃんです☆












カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめ本





















日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


















カウンター

プロフィール

巨漢太郎

Author:巨漢太郎
歴史捏造、大嘘つきの韓国が世界一嫌いな巨漢男です。
自分はかつて相撲一筋で稽古していまして、まともに勉強していなかったこともあり、完全にメディアやマスコミに騙され「韓国が好き」などとお花畑頭になっていました。韓流音楽やドラマもみたりしていました。日本は戦時中、朝鮮に対して悪いことをしたのだから謝罪しないといけないと思っていました。
しかし、きちんと勉強してみたら、韓国という国がとんでもない大嘘国家だと知ってしまい、後悔し反省しまくりでした。そんなかつての自分のように韓国が好きって言っているお花畑頭の日本人が一人でもいなくなるよう、ブログを書いています。その小さな一歩が除鮮につながると信じております。何かありましたら、コメントを入れてもらえたら幸いです。リンク、トラックバック大歓迎です。