にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ

Don’t Korea(韓国するな)

 流行語大賞にどうでしょう??





アジア大会 疑惑判定に米で「Don’t Korea(韓国するな)」
2014.10.12 07:00

 韓国・仁川で開かれたアジア大会は参加国から判定などをめぐり疑義が噴出し、競技のたびに問題が起きた。日本も様々な被害を受けた。その象徴が、バドミントン男子団体準々決勝(9月21日)の「空調」疑惑である。日本選手が試合中、おかしな向かい風を受けて韓国に逆転負け。中国など他の強豪国も向かい風に煽られたことが発覚した。結果的には韓国が優勝したが、何ともスッキリしない結末となった。

 理解し難い出来事や、疑惑の判定といった事例は枚挙にいとまがない。

 まずはレスリング。1日の韓国とイランの試合では、中盤まで順調にポイントを取っていたイラン選手に審判団からなぜか物言いがつけられ、試合再開後は韓国選手に大幅加点された結果、韓国が逆転勝利。不可解すぎるジャッジにイラン選手団は整列を拒否した。

 ボクシングにおいてはもはや疑惑の判定が“通常”といえるほど。韓国はこの競技で“前科”がある。1988年に行なわれたソウル五輪で審判を買収する不正事件を起こしたり、判定負けした韓国人選手のコーチが審判を殴ったりとやりたい放題だったのだが、アジア大会でもその“伝統”は忠実に受け継がれていた。

 男子バンタム級でのモンゴル選手と韓国選手の試合では、防戦一方で流血し、フラフラだった韓国選手がまさかの判定勝ち。テレビ観戦していた元横綱・朝青龍がツイッターで、その流血した韓国選手の写真を掲載して、〈キムチやろう!〉と怒りを爆発させた(反則や暴言の常習犯だった朝青龍にはいわれたくないだろうが)。

 男子ライトフライ級準決勝では、顔に青あざができるほど殴られた韓国選手がフィリピン選手に判定勝ち。フィリピンのボクシング協会長は試合後の取材で、「この国では地元選手への有利な判定が一般的」と痛烈に批判した。

 女子ライト級でも事件が起きた。韓国選手相手に優勢に試合を進めたインド人選手が判定負け。表彰式でのメダル受け取りを拒否した。このインド人選手は後日謝罪したが、世界では彼女に対する同情の声がほとんどで、米国のネットユーザーの間では「不正するな」を意味する“Don’t Korea(韓国するな)”という造語も生まれた。

 元時事通信ソウル特派員でジャーナリストの室谷克実氏はこう指摘する。

「まさに勝つためなら手段を選ばず。有史以来、“勝ったことのない国”の劣等感が発露しているとしか思えません。各国から上がった不正疑惑や判定への不服は、水泳や陸上といった結果や順位が一目瞭然のタイム競技ではなく採点競技、それもすべて対戦相手が韓国でした。これまで日本人は、何だかおかしいと思いながらも、“潔さ”を善しとするあまり黙っていたが、やはりおかしかったということが陽の下に晒された形です」






 しかし、この言葉、使い方によっては矛盾します・・



 たとえば、




  おいっ、そこの韓国人!Don’t Korea(韓国するな)!!





 なんていうのはおかしな文です。使うのは韓国人以外の人に使いましょう!!
 







にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





スポンサーサイト
2014-10-18 00:00 : 韓国不正 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






キムチやろうの不正ボクシング

 勝つためなら手段を選ばないのが韓国です・・ 




仁川アジア大会のボクシング競技で「韓国びいき」と思われる不可解な判定が相次いでいる。
インドとモンゴルの選手が立て続けに不満を示し、メダルの受け取りを拒否するなど大きな問題に発展している。
朝青龍も「キムチやろう」と怒り露わ
2014年9月30日に行われた女子ライト級の準決勝で一つ目の疑惑の判定が出た。対戦したのは、インドのライスラム・サリタ・デビ選手(32)と韓国のパク・ジンア選手(25)。試合全体を通じ優勢とみられたのはデビ選手で、手数も有効打と思われるパンチも多かった。一方のパク選手はクリンチに逃げる場面が目立ち、ラビットパンチ(後頭部を殴る反則)とみられる打撃もしばしば見受けられた。
だが、審判団が下した判定は0-3でパク選手の勝利だった。審判3人はイタリア、チュニジア、ポーランドだった。
この結果に、会場では韓国人以外の観客からただちにブーイングが起こった。デビ選手も判定に驚いた表情をみせ、試合後には涙を流しながら「このようなことが起こると、積み重ねてきたトレーニングがすべて無意味になってしまう」などとコメント。判定は受け入れられないものだと訴え、インドチームも同日に抗議した。
10月1日の表彰式では驚きの行動に出た。デビ選手は銅メダルの受け取りを拒否し、パク選手の首にメダルをかけて立ち去ったのだ。表彰式後、デビ選手は「問題解決に役立つなら、私のキャリアが犠牲になってもいい」と語ったという。
もう一つの疑惑は、同じく9月30日に行われた男子バンタム級の準々決勝の判定だ。韓国のハム・サンミョン選手と対戦したモンゴル選手は、優勢とみられたものの0-3で判定負け。すると、その場でリング上に座り込んで抗議に出た。報道によれば、モンゴル選手団も正式に抗議したが、国際ボクシング協会には受理されなかったという。
この試合は大相撲元横綱の朝青龍さんも試合を見守っていたようで、ツイッターを更新し、
「アジアゲーム仁川!ボクシング3ラウンドモンゴル勝っているのに韓国選手に手上がり!!キムチやろう!!」
と怒りをぶちまけた。加えてインドのデビ選手の判定についても「これも同じ!!韓国選手に勝ったけと負けた!!インド選手、涙、悲しいな」と言及し、韓国びいきとみられる判定が続出していることを問題視した。

相次ぐ抗議に韓国メディアも黙っていない。CBCニュースは10月2日、授賞式における騒動を伝える中で「この授賞式で、パク・ジンアには恥辱的な記憶が残ることとなった」「デビの非常識な行動によって大きな傷を抱えた」としてデビ選手の行動を問題視した。
だが、今回の判定騒動を「盗まれた金メダル事件」として知られるソウル五輪(1988年)の審判買収問題と同一視する人も少なくないようだ。インターネット上には英語圏の人たちからも
「彼らには公平に判定しなかったひどい実績があるからな」
「この判定は到底受け入れられない」
「韓国人を信用してはいけないという教訓だな」
といった声が寄せられている。韓国のネットユーザーからでさえも
「正直、インドの選手のほうが優勢だった」
「韓国人としてこの出来事は本当に恥ずかしいし、憤りを感じている」
という声が聞こえてくる。
国民日報が報じたところによると、韓国のボクサータレントも2日、自身の公式サイト上で自国のボクシング選手が不公平な判定の恩恵を受けていると主張した。このタレントは全国ボクシング選手権大会で優勝経験もある人物とのこと。特定の選手の名前には言及していないものの「アジア大会やオリンピックのために血もにじむような努力をしているのは、韓国選手だけでなく外国選手も同じ」として判定の偏りを批判したという。




 韓国の不正で負けにされたインドのデビ選手は銅メダルの受け取りを拒否し、不正で勝った韓国のパク選手の首にメダルをかけて立ち去った表彰式の映像・・











 モンゴル、インドだけでなく、




 さらに、中国選手も犠牲になってます・・






<仁川アジア大会>ボクシングでまた疑惑の判定!勝利した韓国選手に会場からブーイング、負けた中国選手は…
Record China 10月4日(土)16時55分配信


2014年10月4日、広州日報によると、仁川アジア大会のボクシング男子バンタム級の決勝で、中国の張家●(ジャン・ジアーウェイ。●=王へんに「偉」のつくり)が韓国選手に判定の末、0-3で敗れた。中国側は判定に不満を漏らしている。


試合終了直後、中国陣営は勝利を確信して沸き上がり、国旗を振っていた。一方の韓国陣営は判定の発表まで緊張した様子だった。そして最終的に、3人のジャッジ全員が28―29で韓国選手勝利の判定を下した。勝ち名乗りを聞いた韓国陣営は喜びに沸いたが、会場からはブーイングが起きた。

張は試合後、「試合終了のゴングを聞いたとき、自分が勝ったと思った」と語った。中国のコーチも「張は試合をコントロールしていた。戦術もうまく実行した。私たちが勝ったと思う」と話す。

しかし、張は金メダルを失ってもすぐに冷静になり、「広州での試合なら絶対に勝利していたが、ここは韓国。私たちはこの結果に対する心の準備はとっくにできていた。私がKOするかもっと相手を圧倒していれば、金メダルは逃げていかなかったでしょう。つまり、自分の技術が足りなかったということです。帰ってからまた、金メダルの夢に向かって練習し続けます」と語った。(翻訳・編集/TK)







 こんな国でスポーツの祭典なんて無理。





 今度、冬季五輪が韓国・平昌であるけど、多分とんでもないことになる予感。





 それにしても、日本のテレビはこのような韓国の不正をほとんど放送しないのである。そうすると、在日朝鮮人が圧力をかけてくるのです。




 
 





にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-10-05 00:00 : 韓国不正 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






韓風吹いたバトミントン

 韓国で行われているアジア大会。


 
 停電でエレベーターやエアコンがとまったりとアウェーの洗礼をうけている日本ですが、




 バトミントンで不可解な風が吹いてます。











「風は電力節約のため」「冷房は固定」…韓国メディアが疑惑に反論
デイリースポーツ 9月23日(火)15時39分配信


 韓国、仁川で開催されているアジア大会のバドミントン男子団体戦の日本‐韓国戦で、ホームの韓国が空調を操作して、日本に不利な向かい風を吹かせたという疑惑が持たれている中、複数の韓国メディアが23日、この疑惑への反論を展開した。


 朝鮮日報は23日の電子版で、組織委員会が、韓国‐日本戦の前日の20日にバドミントン会場で停電事故が発生し、電気を節約しようとして空調電源のオンとオフを繰り返していたと説明。同委員会では、風が急に出た時に日本人選手たちが「風の方向が変わった」と感じたと見ていると報じた。また、試合後の21日深夜に電力供給装置を修理をし、22日からはエアコンはオンの状態が続けられた、と加えた。

 同紙では今回の騒動について、日本以外にも出場選手のほとんどが空調の風に苦労しているとし、韓国代表・李竜大は「風の影響でゲームがしづらかった。こんな風が吹く体育館は世界にはあまりない」というコメントを掲載。韓国を有利へ導いたとする日本メディアの論調に反論した。

 また、中央日報(電子版)では23日、「空調の風のせいにした日本バドミントン」という見出しで反論記事を掲載。日本側の抗議に対して「事実無根」と強い論調で主張。大会の種目調整官の「冷房は固定されており、風速、風向きを調節するシステムはない」とし、「もし事実なら日本は正式に抗議したはずだが、抗議はなかった」というコメントを掲載。「円滑な電力供給のために」20、21日は冷房を1時間つけ、30分中断する方式で運営したことと、その後の修理で、現在は競技中に冷房が継続してつけられているという談話を加えた。

 問題となった21日の日本‐韓国戦に出場した日本のエース田児賢一は、第1ゲームを先取後、第2ゲームから空調が切り替わり、相手の打球が伸び、自分のショットが失速する向かい風を感じたという。





 
 隣のコートでプレーしていたインドネシア選手も「田児がコートを移動したら、風向きが変わった」と、不自然な風の動きを証言しています。






 韓国は昔から「勝つために手段を選ばない」






にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-09-24 00:00 : 韓国不正 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






ホーム

記事一覧






投票ごっちゃんです☆












カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめ本





















日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


















カウンター

プロフィール

巨漢太郎

Author:巨漢太郎
歴史捏造、大嘘つきの韓国が世界一嫌いな巨漢男です。
自分はかつて相撲一筋で稽古していまして、まともに勉強していなかったこともあり、完全にメディアやマスコミに騙され「韓国が好き」などとお花畑頭になっていました。韓流音楽やドラマもみたりしていました。日本は戦時中、朝鮮に対して悪いことをしたのだから謝罪しないといけないと思っていました。
しかし、きちんと勉強してみたら、韓国という国がとんでもない大嘘国家だと知ってしまい、後悔し反省しまくりでした。そんなかつての自分のように韓国が好きって言っているお花畑頭の日本人が一人でもいなくなるよう、ブログを書いています。その小さな一歩が除鮮につながると信じております。何かありましたら、コメントを入れてもらえたら幸いです。リンク、トラックバック大歓迎です。