にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ

被害者ビジネスの韓国人

 日本が強制徴用したから賠償しろと韓国人が言ってます!





 しかも、ほとんどが遺族という・・








韓国人元徴用工ら1000人、日本企業を提訴へ
読売新聞 2月24日(火)13時13分配信

戦時中、日本に強制徴用され働かされたとして、韓国人の元徴用工と遺族の計約1000人が、日本企業約30社を相手取り、未払い賃金など1人当たり約1億ウォン(約1070万円)の支払いを求める訴えを3月中旬にもソウル中央地裁に起こす準備を進めていることが分かった。

 弁護団が24日、記者会見で明らかにした。

 提訴すれば、元徴用工らによる日本企業を対象とした同種の訴訟は9件目となり、原告約1000人は過去最多となる見込みだ。弁護団は「勝訴した場合、対象企業が所有する米国内の資産を差し押さえる手続きを進める」と述べた。

 日韓の賠償問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みだが、韓国最高裁が2012年5月、個人の請求権は消滅していないと判断を下して以降、日本企業に賠償を求める提訴が相次いでいる。






 日韓請求権協定も無視して、日本企業から賠償をもらうビジネスが韓国で流行しつつあります。




 キモチ悪いね。






にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





スポンサーサイト
2015-03-05 00:00 : 強制連行 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






「美味しんぼ」雁屋哲は左翼

 「美味しんぼ」の原作者「雁屋哲(かりやてつ)」北京出身の左翼です。




 福島原発事故が原因で「鼻血が出た」という描写が風評被害を招くとニュースになっていますが、そもそのこの原作者は左翼なので、日本が福島の復興のため努力していることなどどうでもよいのでしょう。





 「美味しんぼ」のとある記事をみてください。





 これって、「はだしのゲン」と同じ思想が入ってますよね・・





歴史捏造漫画






 強制連行がさもあったかのような描写です。





 この漫画を読んで、日本は悪いことをしたんだ!なんて思わないでくださいね。




 そんな強制連行の事実なんてないのに、あったことにされているのは、まともな日本人ならおわかりですよね。


 
 今の日本にいる在日朝鮮人は、90パーセント以上が戦後のどさくさに紛れて不法入国しています。




 そして「強制連行されたのだから保証しろ!」と日本政府に難癖つけて、在日特権で日本の永住権などを取得し、寄生虫のように居座っているのです。




 そのことに文句を言うと、「差別だ!謝罪しろ!!」とわめきだすのです。





 日本の税金がこのような人たちに使われるなんて、おかしいと思いませんか?

 


 まして、「外国人に参政権」なんて絶対に認めてはいけません。


  


 在日が多い地域で、とんでもない議決が可決されることでしょう。






 たとえば、慰安婦像が設置されるとか・・




捏造慰安婦像






 考えただけでも、ゾっとします






 
 朝日新聞日教組など、日本には害になる団体がたくさんありますが、小学館もそうかもしれません。


 




 朝鮮人というのは、被害者のフリをしてお金をもらう のが商売です。






         騙されてはいけません!








追伸 右にて「韓国が好きですか?」アンケート実施中☆



にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-05-20 00:00 : 強制連行 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






無法地帯韓国

 竹田恒泰氏の韓国のあきれた暴挙に突っ込み!







 韓国は、ゆすりたかりの国!


 韓国は、暴力団よりたちが悪い!



にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-04-16 00:00 : 強制連行 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






非法治国家

 
 日韓請求権協定で解決していることにもかかわらず、60年以上前の戦争時代のことを韓国で日本企業が訴訟され敗訴が確定しそうなのだ。このニュースからもわかるように




  韓国は法治国家ではありません!
 



 本当にたかり民族です。



 韓国の司法は政治や世論、社会のムードに流されやすく、論理が破綻している。


 

 もちろん、受け入れる必要はまったくないのだが、穏便にすませようとこれを受け入れると次から次へとたかられ続けることになる。しかも便乗して中国も訴訟してくるぞ。


 






▽以下、産経新聞の記事です▽





韓国の戦時徴用訴訟 新日鉄住金が賠償の意向 敗訴確定時「無視できぬ」

産経新聞 8月18日(日)7時55分配信

 朝鮮半島の日本統治時代に日本で戦時徴用された韓国人4人が未払い賃金などの個人補償を求めた訴訟で、被告の新日鉄住金(旧日本製鉄、本社・東京)が計4億ウォン(約3500万円)の賠償を命じられた7月のソウル高裁判決を受け、敗訴判決が確定した場合には賠償に応じる意向であることが17日、同社への取材で分かった。元徴用工の賠償請求権問題については、日韓両政府とも昭和40年の日韓請求権協定で解決したとの立場を取っており、同社の判断は今後の同種訴訟や国内世論に影響を与えそうだ。

 新日鉄住金の訴訟をめぐっては、原告のうち2人が平成9年に日本で同様の訴訟を起こしたが、15年に敗訴が確定。韓国でも確定判決の効力を認め1、2審が請求を退けていたが、韓国最高裁が昨年5月、個人請求権を認め、審理を高裁に差し戻した。

 新日鉄住金側はソウル高裁判決を不服として上告したが、最高裁で判断が覆される可能性は低いとみられる。

 同社は、(1)判決確定前に和解する(2)確定判決に従う(3)判決確定後も支払いに応じない-との選択肢から今後の方策を検討。(1)では原告側が補償基金の設立を求めることも予測され、賠償の対象が立証の不十分な元徴用工にも拡大すると判断した。

 また、(3)の場合は、同社の韓国内の資産を差し押さえる強制執行が行われるとみられ、取引上の売掛債権などが対象にされる可能性を考慮。同社幹部は「取引先にまで影響が及ぶ可能性があり、確定判決を無視するのは困難」としている。

 戦時徴用をめぐっては、三菱重工業(東京)に対しても7月、釜山高裁が賠償を命じる判決を言い渡した。同様に上告の意向を明らかにしている同社は「和解の予定はない」とした上で、「上告審で主張が認められると信じているが、万一敗訴が確定した場合には外務省、経済産業省など各方面と協力し適切な対策をとっていく」としている。

 ◆「仮定の話できない」

 外務省北東アジア課の話「『賠償の必要はない』という認識で国と企業は一致していると考えている。訴訟は係属中で、判決確定や資産差し押さえ後の対応について、仮定の話はできない」

 ◆支払い義務ない

 現代史家の秦郁彦(はた・いくひこ)氏の話「協定上、賠償金を支払う義務は全くない。日本政府は経済政策の中で揺さぶりをかけ、韓国内での問題解決を迫るべきだ。進出企業への影響など配慮すべき点もあるが、痛みを伴わずに問題を解決させる妙案はない。現状では日本企業側が命じられた賠償は高額でなく、韓国内の資産差し押さえがあっても影響は限定的といえるため、企業側にも『我慢』が求められる。個人請求権をなし崩しに認めてしまえば同様に請求権放棄が確認されている中国でも問題が再燃しかねない」

 ◆戦後処理が崩壊

 神戸大の木村幹教授(朝鮮半島地域研究)の話「韓国で請求権協定が無視される事態が続けば、両国間の戦後処理が全般的に崩壊するだろう。政府間の対話で解決できる段階は過ぎた。協定は解釈上の問題が生じた場合に仲裁機関を設置すると定めており、これを韓国側に提案し解決にあたるべきだ。国際法の専門家が精査すれば、今回の判決に問題が多いことは十分に理解されるはず。韓国内での政治情勢などに絡んで解決がさらに先延ばしにされる恐れもあり、日本側からの積極的な働きかけが必要だ」




にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2013-08-18 11:00 : 強制連行 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






ホーム

記事一覧






投票ごっちゃんです☆












カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめ本





















日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


















カウンター

プロフィール

巨漢太郎

Author:巨漢太郎
歴史捏造、大嘘つきの韓国が世界一嫌いな巨漢男です。
自分はかつて相撲一筋で稽古していまして、まともに勉強していなかったこともあり、完全にメディアやマスコミに騙され「韓国が好き」などとお花畑頭になっていました。韓流音楽やドラマもみたりしていました。日本は戦時中、朝鮮に対して悪いことをしたのだから謝罪しないといけないと思っていました。
しかし、きちんと勉強してみたら、韓国という国がとんでもない大嘘国家だと知ってしまい、後悔し反省しまくりでした。そんなかつての自分のように韓国が好きって言っているお花畑頭の日本人が一人でもいなくなるよう、ブログを書いています。その小さな一歩が除鮮につながると信じております。何かありましたら、コメントを入れてもらえたら幸いです。リンク、トラックバック大歓迎です。