にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ

日帝侵略館

韓国の「日帝侵略館」 拷問シーン再現は歴史捏造の極みとの評- NEWSポストセブン(2014年3月29日07時00分)


 韓国の「反日」は今に始まったことではない。話題の新刊『日本人が知っておくべき嘘つき韓国の正体』(小学館)では、20年以上にわたって国際情報誌『SAPIO』が報じてきた韓国関連リポートを収録。2003年には、韓国人ノンフィクション作家・金完燮(キム・ワンソプ)氏がソウルから車で約1時間半のところにある天安市の「独立記念館」を訪れ、以下のようにリポートしている。

 * * *
 この記念館は、1982年に日韓の政治的懸案にまでなった第一次教科書問題が発端となって全斗煥大統領(当時)が韓国民からの募金で建設した博物館である。日本の侵略行為を永遠に記憶しようという意図による。

 韓国全土からやってくる子供たちが見学する独立記念館の展示内容は、端的に言えば「日帝蛮行博物館」である。これでもかこれでもかと日本が残虐行為を犯した様子を見せつける博物館である。しかし、その多くは史実ではなく捏造された物語である。

 独立記念館は全部で7館あるが、その一つに「日帝侵略館」という名の展示館がある。その中の蝋人形による拷問シーンの再現は歴史捏造の極みである。拷問場面は複数あるが、中でも性的拷問は筆舌に尽くしがたい内容となっている。日本の憲兵が女性の衣服を剥ぎ取り暴力的に陵辱しているシーンには思わず目を覆った。これらの拷問シーンは、『韓国独立運動の血史』というオカルトまがいの全く信憑性に欠ける資料を参考に再現されている。

 また従軍慰安婦の説明場面ではほとんどすべての朝鮮の若い女性が挺身隊という名目のもとに騙され、従軍慰安婦となり日本軍の性的奴隷となったと描写している。これを見学する子供たちにとって「日本=悪」という構図が刷り込まれていくのである。

 朝鮮総督府による土地調査事業に関しても総督府が朝鮮全土の60%を収奪したというとんでもない数字をデッチ上げ、事実として紹介している(実際は数%にすぎない)。土地私有の概念自体が存在しなかった日韓併合前の朝鮮半島において、近代的な土地所有概念を定着させるために必要な事業だったということにも一切触れられていない。

 さらに日清戦争の発端となった東学党の乱(1894年)についての解説も明らかに歴史的事実を著しく歪曲したものだ。実際には李朝時代の圧制・搾取に対する反発から全国的な一揆へと広がったにもかかわらず、東学党蜂起の原因を義兵闘争と関連づけて抗日闘争へと巧妙にすり替えているのである。

 以上紹介したのは反日教育のごく一部だが、このような悪質な歴史的事実の捏造によって日本のイメージは著しく傷つけられている。また、苦難に耐えながら日本と共にあの戦争を戦った韓国人自身の先祖にも失礼である。

 幼少時から不必要な被害者意識を執拗に注入されれば、被害妄想に取りつかれ冷静かつ客観的に物事を判断できなくなっても不思議ではない。日本統治時代が全くの暗黒時代であり肯定的側面は皆無であったと子供たちに教え続ける韓国政府の意図的な反日洗脳教育は、すべての失敗や短所の責任を他者になすりつける無責任な国民を大量生産する結果となる。

※『日本人が知っておくべき嘘つき韓国の正体』(小学館)より






にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





スポンサーサイト
2014-04-09 00:00 : 独立記念館 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






韓国・独立博物館

 ソウルから電車で約1時間。大韓民国忠清南道天安市の郊外に独立記念館(トンニプキニョムグァン)という大規模展示施設がある。年間数百万人の来場者があるというこの施設が開館したのは1987年、8月15日の光復節(朝鮮半島の日本による統治が終わった日)。

 広大な敷地内にある七つの主要展示施設には、韓国の独立運動と独立運動家たちに関する資料が捏造されまくって展示され、そのほかにも、風や振動なども感じることの出来る仕掛けになった4Dの映像館などの付帯施設や野外展示などがあり、よくそこまでウソがつけるなというボリュームになっている。



韓国・独立博物館



 この施設にある展示物の中で、許されないのが


    日帝侵略館



である。


 日本がやったことにされている大嘘の略奪や虐待についての展示物がある。


 拷問の様子をリアルに再現した蝋人形や、従軍慰安婦とすべく女性を拐かす模様、慰安所の風景の模型・・



捏造蝋人形


 李氏朝鮮時代に朝鮮人が朝鮮人に対して行っていた拷問を、日本人がやったように歪曲して展示している。



 韓国内でもやりすぎという意見があるほどの史実根拠のない拷問場面のひどい残虐な人形などを展示して、


   反日感情をかきたてる



というあってはならない施設です。





 
 考えてみてほしい・・


 
 自分のおじいちゃんが理由なくレイプ犯にされたらどんな気持ちになるか?



 自分達の先祖である日本人が侮辱されているのだ。



 韓国の大嘘のせいで、今も日本人が悪者にされているのである。


 
 韓国では小さな子供の頃から反日教育をしている。


 遠足などで必ず一度はこの独立記念館に足を運ぶそうだ。


 そして、大人がみても目を覆いたくなるような残虐な展示物をみることになる。



先生「3.1運動で無数の韓国人が日本人に虐殺され拷問されました。私たちの祖先は他にも日本人に苦しめられ、ひどい目にあわされていました。」

児童「日本人(イルボン)は本当に腹がたつ。許せない!」

 

小さい頃からこのような教育をするため、韓国の子供たちは自然と反日になっていくのである。




 この博物館には日本語のオーディオガイドの貸し出しやパンフレットなどもあり、館内で視聴できる『日本の歴史歪曲』といった短編映像などで日本人も洗脳させようとしているからたちが悪い。


 日教組の陰謀で修学旅行で日本人の高校生がこの博物館へ強制的に行かされているのだ。


 次の文はある高校が韓国への修学旅行で独立記念館へ行き、ホームページで解説したものだそうです。


 非難をあびすぐに削除されたようですが、アップしてみます。



『まず初めに向かったのは、独立記念館です。

 韓国は5千年の長い歴史の中で1度だけ、1910年から1945年まである国から植民地支配を受けた歴史を持ちます。

 韓国を植民地支配した国とはいったいどこの国でしょうか?

 それはご存じの通り日本です。

 この35年間で日本帝国主義は韓民族に対し、ひどい弾圧と虐殺を行いました。

 しかし、韓民族はそれでも不屈の意志で独立運動を行い、ついに1945年8月15日に国権を回復することができました。

 このような韓民族にとって忘れることのできない歴史をこの博物館は 模型や映像で詳しく解説し、展示してあります。 』


 ちなみにこの高校は朝鮮学校ではありません。


 日本がアメリカに敗戦したことで朝鮮は独立した歴史的事実があるにもかかわらず、この高校では独立運動で韓民族が日本民族と勇敢にたたかったかのように歴史を捏造をしているのです。

 「この35年間で日本帝国主義は韓民族に対し、ひどい弾圧と虐殺を行いました」と言っていますが、日韓併合で日本軍が侵略したわけではありません。借金まみれの腐敗政治でどうしようもなかった李氏朝鮮を日本が救うためにしたことです。その35年で下水を整備し、道路をつくり、橋を造り、地下鉄をつくり、学校をつくり、ハングル文字を普及させ・・・と様々な援助をしてあげたのが日本なのです。それなのに弾圧と虐殺をしていたと言っているのです。


 「恩を仇で返す韓国」は絶対に許せない。




にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ







にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-03-21 00:00 : 独立記念館 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






ホーム

記事一覧






投票ごっちゃんです☆












カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめ本





















日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


















カウンター

プロフィール

巨漢太郎

Author:巨漢太郎
歴史捏造、大嘘つきの韓国が世界一嫌いな巨漢男です。
自分はかつて相撲一筋で稽古していまして、まともに勉強していなかったこともあり、完全にメディアやマスコミに騙され「韓国が好き」などとお花畑頭になっていました。韓流音楽やドラマもみたりしていました。日本は戦時中、朝鮮に対して悪いことをしたのだから謝罪しないといけないと思っていました。
しかし、きちんと勉強してみたら、韓国という国がとんでもない大嘘国家だと知ってしまい、後悔し反省しまくりでした。そんなかつての自分のように韓国が好きって言っているお花畑頭の日本人が一人でもいなくなるよう、ブログを書いています。その小さな一歩が除鮮につながると信じております。何かありましたら、コメントを入れてもらえたら幸いです。リンク、トラックバック大歓迎です。