にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ

韓国は自殺大国

 韓国の自殺に関する2つの記事をアップします・・




韓国の自殺率が10年連続トップ、OECD平均の2.4倍という「不名誉」
韓国メディア- サーチナ(2014年7月5日03時31分)

 韓国保健福祉省は2日、韓国の自殺率が、経済協力開発機構(OECD)加盟国34カ国・地域でもっとも高いことを、OECDの資料を基に明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 資料「OECD Health Data 2014」(2012年基準)によると、韓国の自殺率は人口10万人あたり29.1人。11年の33.3人より減少したが、OECD平均の12.1人よりも2.4倍多かった。

 韓国が自殺率でトップに立つのは10年目。自殺率がもっとも低いのはトルコで1.7人だった。

 病気などほかの原因による死亡率は、OECD平均より低かった。韓国の幼児死亡率は新生児1000人あたり2.9人で、平均の4.0を下回った。がんによる死亡率(OECD平均207.5人)は10万人あたり183.3人で、メキシコ、トルコ、フィンランド、イスラエル、スイスに続いて6番目に低い水準だった。

 平均寿命は81.3歳で、OECD平均(80.2歳)よりも1.1年長かった。トップは日本で83.2歳。最下位はメキシコで74.4歳だった。

 韓国メディアは、自殺率が10年連続でトップだったことについて「不名誉な結果」と伝えた。






 そんな、自殺大国の韓国をとある中国人は名誉だと思っているらしい・・






【中国ブログ】韓国船沈没の教頭自殺に・・・韓国人の「責任感」を学べ


 韓国珍島(チンド)沖で発生した旅客船沈没事故で、修学旅行の引率のため乗船していた高校の教頭が18日、首を吊って死亡しているのが発見された。中国ブロガーのlawfinder(ハンドルネーム)さんは教頭の死について、「韓国人には責任感がある。われわれ中国人にはないもの」と感想を綴っている。

 沈没した旅客船には修学旅行中の高校生ら約340人を含め477人が乗っていたが、事故当時の船内では「その場から動かないように」とアナウンスが繰り返されていたため、多くの学生が避難することができなかったという。楽しいはずの学校行事が一変し、惨事に巻き込まれた学生を思うと言葉にならない。

 そんななか、救助されたはずの教頭が死亡したことが報じられた。同教頭は、「私だけが救助された」と自責の念を抱いていたとされ、財布から「200人の生死が分からないのに、1人生きるのはつらい」という内容の遺書が発見された。

 ただでさえ悲惨な事故に加えて、さらに痛ましい教頭の死について、筆者は「責任感の強さの表れ」と高く評価している。筆者は自殺した教頭に共感すると述べ、「血の通った人間だったら生きていけないのは当然だ」と語っている。

 中国海南島でこのほど、遠足中に8人の小学生が死亡する交通事故が発生した。責任を問われた同小学校の校長は「冤罪だ」と主張、「自分に責任はない」と頑なに主張しているという。同校長の主張はあくまでも一例にすぎないが、筆者は中国人と韓国人の責任感をめぐる考え方の違いを指摘し、「これが中韓の責任意識の違いであり、民族の違いだ」と論じた。

 筆者によると、「潔く死ぬという考え方はもともと古代中国から韓国に渡ったもの」だそうだが、中国ではそうした考えは一般的ではなくなり、「われわれは韓国人から強い責任感を学ぶべきだ」と主張している。(編集担当:畠山栄)






 韓国人から強い責任感を学ぶ??




 もし韓国人に責任感があるなら、ほとんど自殺するはずなんだけど・・


スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-07-08 00:00 : 自殺大国 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

記事一覧






投票ごっちゃんです☆












カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめ本





















日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


















カウンター

プロフィール

巨漢太郎

Author:巨漢太郎
歴史捏造、大嘘つきの韓国が世界一嫌いな巨漢男です。
自分はかつて相撲一筋で稽古していまして、まともに勉強していなかったこともあり、完全にメディアやマスコミに騙され「韓国が好き」などとお花畑頭になっていました。韓流音楽やドラマもみたりしていました。日本は戦時中、朝鮮に対して悪いことをしたのだから謝罪しないといけないと思っていました。
しかし、きちんと勉強してみたら、韓国という国がとんでもない大嘘国家だと知ってしまい、後悔し反省しまくりでした。そんなかつての自分のように韓国が好きって言っているお花畑頭の日本人が一人でもいなくなるよう、ブログを書いています。その小さな一歩が除鮮につながると信じております。何かありましたら、コメントを入れてもらえたら幸いです。リンク、トラックバック大歓迎です。