にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ

関根麻里が韓国人と結婚

 関根麻里韓国人のKと結婚するみたいです・・





021c48ec.jpg





 Kってイニシャルではなく芸名なんですね。






 関根麻里じゃなく関根無理です(笑)







 以下、産経スポーツの記事から・・







関根麻里、韓国人歌手Kと結婚!8月中に婚姻届&都内神社で挙式


 タレント、関根麻里(29)が交際中の韓国人歌手、K(30)と早ければ8月中に結婚することが29日、分かった。2009年に麻里がパーソナリティーを務めるラジオ番組で知り合い、意気投合。父でタレント、関根勤(60)も公認の交際を続けてきた。複数の関係者によると、8月下旬にも東京都内の神社で挙式する予定だという。

 出会って約4年半。バラエティーなどで活躍中の麻里がイケメン歌手、Kとゴールインする。

 複数の関係者によると、2人は8月中にも婚姻届を提出。麻里は今年に入ってから結婚を意識するようになり、仕事の合間を縫ってKと結婚の準備を進めていた。

 現在、主に日本を拠点に活動するKは日本での挙式を優先し、“和”にこだわって東京都内の神社で挙式することを決めたという。時期は8月下旬で、親族や親しい関係者らごく少人数を集めて行う。婚約指輪はまだ贈られていないが、麻里は今月25日に札幌で行われたKのライブを訪れ、声援を送っていた。

 出会いは2009年12月。麻里がパーソナリティーを務めるラジオ番組にKがゲスト出演して意気投合し、ほどなく交際に発展。12年12月に真剣交際が報じられた。

 Kは透明感あふれる歌声で人気を集め、05年のフジテレビ系「1リットルの涙」の主題歌「Only Human」でブレーク。11年から約2年間、兵役制度で母国の軍隊に入隊したが、その間も麻里が韓国を訪れるなどして絆を強めてきた。

 麻里の父、関根勤もKについて「すてきな青年」と公認し、「早く孫の顔がみたい」と公言するなど結婚を心待ちにしていた。麻里は妊娠はしておらず、結婚後も仕事は続けるという。

 また関係者によると、麻里は9月いっぱいで総合司会を務める日本テレビ系「ZIP!」(月~金曜前5・50)を卒業することも分かった。

 麻里は8月1~10日に東京・新宿区の東京グローブ座で上演される舞台「カンコンキンシアター28『クドい!』メガネ男が、結婚できました!」に父と出演。Kは同31日から全国16カ所でツアーをスタート。公私ともに充実した2人に注目だ。





 韓国人妻というレッテルでイメージダウンは免れない。



 

 これほど、祝福されない結婚は珍しいね。





 多分、すぐに離婚する気がする(笑)
スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-08-05 00:00 : 親韓芸能人 : コメント : 0 : トラックバック : 1 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






「広島原爆投下」演出PV «  ホーム  » 群馬の朝鮮人追悼碑
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/05 08:47)
新宿区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2014-08-05 : 08:47 : ケノーベル エージェント
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

記事一覧






投票ごっちゃんです☆












カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめ本





















日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


















カウンター

プロフィール

巨漢太郎

Author:巨漢太郎
歴史捏造、大嘘つきの韓国が世界一嫌いな巨漢男です。
自分はかつて相撲一筋で稽古していまして、まともに勉強していなかったこともあり、完全にメディアやマスコミに騙され「韓国が好き」などとお花畑頭になっていました。韓流音楽やドラマもみたりしていました。日本は戦時中、朝鮮に対して悪いことをしたのだから謝罪しないといけないと思っていました。
しかし、きちんと勉強してみたら、韓国という国がとんでもない大嘘国家だと知ってしまい、後悔し反省しまくりでした。そんなかつての自分のように韓国が好きって言っているお花畑頭の日本人が一人でもいなくなるよう、ブログを書いています。その小さな一歩が除鮮につながると信じております。何かありましたら、コメントを入れてもらえたら幸いです。リンク、トラックバック大歓迎です。