FC2ブログ
にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ

関東大震災で朝鮮人大虐殺とNHK高校講座

 9月1日は関東大震災の日です。






 R0026920.jpg



 
  NHKの高校講座日本史「大正・昭和初期の経済と対外関係 」でのことです。これは何度も再放送されている番組です。







 R0026923.jpg





  講師は坂本昇






R0026930.jpg

 




  関東大震災の話があって。この坂本昇の口から出てきた説明は・・










 忘れてはならないのは、この騒動で、デマなどが飛び交い、無実の人への虐殺行為が公然と行なわれたことです。

 
 図は、朝鮮人虐殺を描いた当時の絵です。河目悌二(かわめていじ)という画家が描いたものと考えられています。


 左の方で自警団の人々が暴力を加え、血を流して倒れている人もいます。暴行されているのは朝鮮人です。右の方にいる茶色い服の人は軍人、白い服の人は警官で、虐殺の現場に朝鮮人と思われる人を連行しています。背後には見物の群衆が見えます。


 大震災発生直後、東京や横浜などで「社会主義者や朝鮮人が放火をする、暴動を起す」などのデマが広がりました。
民衆はこれらの悪質なデマに惑わされ、各地で自警団を組織しました。


 そして、戒厳令がしかれて出動した軍隊や警察といっしょになって多数の朝鮮人を虐殺したのです。


 朝鮮人の犠牲者は6000人ほどと推計されています。また、労働運動の指導者や中国人なども軍隊によって殺害されました。





 完全に日教組の思想です。



 こんな偏見放送をするNHKに受信料を払いたくない。




 「関東大震災朝鮮人大虐殺」は韓国が「従軍慰安婦」と同じように日本政府に賠償金を請求したいネタなのです。




 このように放送することで、既成事実にしてしまおうという朝鮮人の恐ろしいプロパガンダです。




 朝鮮人虐殺を描いた当時の絵とかいって、河目悌二(かわめていじ)という画家が描いたものと考えられるって何言ってるんだ!?



 写真ならまだしも、なんて時代に関係なく妄想でも書けるだろ!!
 




R0026926.jpg

 

 上の絵は、自警団に虐殺されている朝鮮人だそうです。







 ここで、少し考えてもらいことがあります。




 
 「社会主義者や朝鮮人が放火をする、暴動を起す」というデマが流れたと言っていますが、本当にデマだったのでしょうか??






 実は、関東大震災では多くの人が火災で亡くなっているのですが、火が出るはずのないところからも煙が出ているのです。





 s06 (1)




 恐ろしいことに、朝鮮人が大震災に便乗して放火をしていたという記事が新聞にあるのです。




 他にもあります。




 大震災の後で新聞記事から、朝鮮人の犯罪記録です・・


9月2日、朝鮮人が、日本人を棍棒で襲撃し負傷させた。


9月2日、崔○○と金○○が、在郷軍人団に対し拳銃を発射した。


9月2日、林○○が、6連発銃を持って群集に向け数発を発射した。


9月2日、朝鮮人30余名が、バイクに乗った高橋克巳砲兵中尉を棍棒で襲撃した。


9月2日、日本刀を持った朝鮮人が、自警団を装い被災民を襲撃しようとしたが取り押さえられた。


9月2日、朝鮮人が、「津波が来る」と連呼して民心を撹乱しようとした。


9月2日、朝鮮人が日本婦人を強姦した。


9月2日、朝鮮人が、鉄棒を使って橋脚を破壊しようとしていたが、騎兵に発見され射殺された。


9月3日、李○○は、被災民の唯一の給水所付近を毒(亜○酸)を所持して徘徊していたが、民衆に捕らえられ、毒を食塩と強弁していたが、それを飲まされて悶死。


9月2日、呉○○は、荒川放水路の本田橋堤防上でダイナマイトを所持していて取り押さえられた。


9月3日、朝鮮人が小学校脇で日本人を殺害した。




などなどです。



 

 朝鮮人は強制連行されたとか日本に酷いことをされたと言っていますが、全部ウソです!




 再度説明してみましょう!




 関東大震災で、死者行方不明者を大量に出したのは、火災によるものです。



 火は、火災旋風を引き起こしながら広がり、鎮火したのは2日後の午前10時頃です。被災地の気温は、この間、ずっと40度を超えるものでした。



 東京の本所区横網町(現在の墨田区の一部)にあった本所区被服廠では、2万430坪の敷地の中で火炎流にのみこまれた人々が、この一カ所だけで3万8千人も亡くなっています。


 なぜ本所の被服廠に、4万人近い人が集まっていたのでしょうか?



 ここに人が集まっていたのは、震災発生後の避難民たちだったのです。



 つまり、本所区被服廠に集っていたのは、震災によって焼けだされた人達が、そこに4万人も避難していた。そこに火災が襲ったのです。



 おそろしいことに、地震発生時ではなく、地震発生後、避難民が集まっていた避難所で悲劇が起きたのです。



 現実には、震災そのもの、あるいは震災時の火災そのもので亡くなったり行方不明になった人は、数千名から1万名程度だったろうと言われています。



 14万人の死者、行方不明者のうち、なんと13万人は、震災後に亡くなられているのです。



 当時の新聞を再度みておきますと・・



「朝鮮人、隊をなして石油・爆弾使い放火」
(小樽新聞 大正12年9月3日号外第一)

「朝鮮人、各所暴動検束数千名」
(小樽新聞 大正12年9月3日号外第三)

「朝鮮人、横浜~王子放火」
(大阪朝日新聞 大正12年9月3日号外)

「朝鮮人、爆弾・放火・王子横浜で軍隊と衝突」
(荘内新報 大正12年9月3日号外第十八報)

「朝鮮人、屋根から屋根へ放火 婦人凌辱 略奪」
(新愛知 大正12年9月4日号外)

「朝鮮人浦和高崎に放火検挙 爆弾所持し唯氷峠列車爆破自白」
(名古屋新聞 大正12年9月4日号外第二)

「朝鮮人、殺人虐殺凶悪ぶり 進行中の列車に爆弾投げつける」
(福岡日日新聞 大正12年9月4日号外)

「朝鮮人、爆弾・掠奪・鮮人・銃殺」
(小樽新聞 大正12年9月4日号外第一)

「朝鮮人捕縛 爆弾其の他押収。軍隊が治安維持に出動したため、不逞鮮人は爆弾を携帯しながら各地方へ退散、鎮圧鎮静化へ」
(九州日報 大正12年9月4日号外第三)

「朝鮮人暴挙は完全取締を遂行」
(大阪毎日新聞 大正12年9月4日号外第二)





 本来、震災の直後にあっては、互いに助け合って、被災者の救助にあたったり、火災の延焼を防ぐため、みんなで力を合わせたり、あるいは怪我人を介抱し、生き残った老人、婦女、子供たちの安全を図り、みんなで協力して食料の確保や情報ルートの確保しなければなりません。


 生き残った日本人が、そうして互いに助け合おうとしているのを、朝鮮人達は助け合うどころか、逆に暴徒と化して日本人を襲い、食料を奪い、暴行を働き、あるいは人殺しをし、婦女を強姦したのです。


 被災地の多くの日本人は、暴徒と化した朝鮮人を恐れました。だから若者たちを中心に、自然発生的な自警団も生まれました。


 街の安全を確保するために、各所に自警団が関所を設けたりもしています。




 
 これが関東大震災の真実です!!




 理解できましたか??




 坂本昇という男は在日朝鮮人の可能性が高いですが、NHKを利用してこのような講義をして、自虐観をうえつけるのは本当にやめてもらいたい。






 こんな左翼思想の男が高校歴史教科書を執筆しているなんて、日本はどんだけゆるい国なんだ。

 


スポンサーサイト






にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-09-01 00:00 : NHK : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

記事一覧






投票ごっちゃんです☆












カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめ本





















日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


















カウンター

プロフィール

巨漢太郎

Author:巨漢太郎
歴史捏造、大嘘つきの韓国が世界一嫌いな巨漢男です。
自分はかつて相撲一筋で稽古していまして、まともに勉強していなかったこともあり、完全にメディアやマスコミに騙され「韓国が好き」などとお花畑頭になっていました。韓流音楽やドラマもみたりしていました。日本は戦時中、朝鮮に対して悪いことをしたのだから謝罪しないといけないと思っていました。
しかし、きちんと勉強してみたら、韓国という国がとんでもない大嘘国家だと知ってしまい、後悔し反省しまくりでした。そんなかつての自分のように韓国が好きって言っているお花畑頭の日本人が一人でもいなくなるよう、ブログを書いています。その小さな一歩が除鮮につながると信じております。何かありましたら、コメントを入れてもらえたら幸いです。リンク、トラックバック大歓迎です。