にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ

ヘイトスピーチで賠償確定

 授業の妨害に対する賠償だったはずなのに、いつのまにかヘイトスピーチでの賠償になってます。




 
 マスコミの情報操作ってこわいですね・・








ヘイトスピーチで賠償確定=在特会の上告退ける―最高裁
時事通信 12月10日(水)14時40分配信

 人種や国籍への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)による街頭宣伝活動で授業を妨害されたなどとして、京都朝鮮学園が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と会員らに損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は9日付で、在特会側の上告を退ける決定をした。約1200万円の賠償と学校周辺での街宣禁止を認めた一、二審判決が確定した。
 裁判官5人全員一致の意見。ヘイトスピーチの違法性を認めた司法判断が確定したことで、一定の抑止力が働くとともに法規制をめぐる議論が活発化しそうだ。
 一、二審判決によると、在特会会員らは2009年12月~10年3月、同学園が運営する京都市の朝鮮学校の周辺で3回にわたり、拡声器で「朝鮮学校を日本からたたき出せ」「朝鮮人を保健所で処分しろ」などと発言。その様子を撮影した動画をインターネット上で公開した。
 一審京都地裁は「在日朝鮮人への差別意識を世間に訴える意図があり、人種差別撤廃条約で禁じられた人種差別に当たる」と判断し、違法性を認めた。
 二審大阪高裁も、同条約上の人種差別に当たると認定。「表現の自由によって保護される範囲を超えているのは明らかだ」などと指摘し、在特会側の控訴を棄却した。
 在特会の話 最高裁が政治的な表現の自由に向き合わなかったことは残念だ。





 そもそも公園を長年不法占拠して乗っ取りをしていたのが朝鮮学校で、それに抗議したのが在特会でした。



 子供を盾にして裁判する朝鮮学校。



 経緯もまともに掲示せずに「在特会敗訴!」だけが報道される日本のマスコミは、やはり在日朝鮮人に乗っ取られてるのでしょうか。




 恐喝レベルだったので、その辺はやりすぎだったと思いますが、1200万円の賠償額は高すぎます。





 これが日本でなく、韓国での裁判だったらどうなったのか??






 山崎敏充裁判長、選挙では国民審査もあるんだけど・・
 




スポンサーサイト



にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 

ごっちゃんでした☆





2014-12-13 00:00 : 朝鮮学校 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :






 にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ






コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

記事一覧






投票ごっちゃんです☆












カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おすすめ本





















日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


















カウンター

プロフィール

巨漢太郎

Author:巨漢太郎
歴史捏造、大嘘つきの韓国が世界一嫌いな巨漢男です。
自分はかつて相撲一筋で稽古していまして、まともに勉強していなかったこともあり、完全にメディアやマスコミに騙され「韓国が好き」などとお花畑頭になっていました。韓流音楽やドラマもみたりしていました。日本は戦時中、朝鮮に対して悪いことをしたのだから謝罪しないといけないと思っていました。
しかし、きちんと勉強してみたら、韓国という国がとんでもない大嘘国家だと知ってしまい、後悔し反省しまくりでした。そんなかつての自分のように韓国が好きって言っているお花畑頭の日本人が一人でもいなくなるよう、ブログを書いています。その小さな一歩が除鮮につながると信じております。何かありましたら、コメントを入れてもらえたら幸いです。リンク、トラックバック大歓迎です。